子宮内膜症 手術 ブログ

HOME > 2.生理痛がだんだん重くなってきた

2.生理痛がだんだん重くなってきた



スポンサードリンク


生理痛がだんだん重くなってきた

 
34才で二人目を出産した後の2、3年は、以前よりも生理痛が軽くなっていてお腹も全然痛くないので、お産の後は生理通も楽チンだなって喜んでいました。


ところが、それから何年かするとだんだんと生理痛が酷くなってきました。
二人目を産んで5年くらい経った40才頃には、生理の時はお腹もすごく痛いし体はだるいし、寝込んでしまうほどに。


排便痛もありました。肛門の奥に針で刺すような痛みです。
排便の時なぜ痛むのかこのときは理由も分かってなかったです。

40才過ぎてからは、生理のときは下腹部痛と下痢の両方で、鎮痛剤は飲まずにはいられないほどの痛みになってました。

体はだるくて、熱を測ってみたら7度2分くらいの微熱がありました。
「生理で微熱が出るのかな?」と、不思議に思いながらもまさか自分が子宮の病気にかかっているとは思いもしませんでした。

43才くらいの頃は、生理が来る度にだんだん生理痛が酷くなってきてました。
生理中は1~3日も寝込んだり。
ただ、生理が終わるとすっかり元気になってしまうので、こんな状態でも病院に行ってなかったです。

でもさすがに、生理の時に寝込むことが多くなってきて、夫に病院に行きなさいと言われて、やっと婦人科に行く気になりました。
夫に言われてやっと行くなんて、病院に行くのが遅すぎますね。

3.子宮内膜症と言われたに続く

子宮内膜症の原因・子宮内膜症にどうしてなるの?
子宮内膜症の症状って?
子宮内膜症を放置するとどうなるの?


家庭でできる子宮筋腫・子宮内膜症、月経前症候群・月経困難症の養生法~ひどい生理痛、痛み、吐き気を28日で緩和する改善メソッド~  


子宮内膜症についてもっと情報を知りたい方はこちら
 ↓ ↓ ↓
 
子宮内膜症 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 子宮内膜症へ
にほんブログ村



スポンサードリンク



PAGE TOP